三重伊賀上野の餅・御赤飯・和菓子処いせやです。創業百余年、老舗の味を製造販売。お取り寄せ(通販)、ギフトにもどうぞ。

Yahoo!ブックマークに登録

伊賀上野の観光のお土産は和菓子・御餅・御赤飯の老舗 『いせや』へ お取り寄せ(通販)、ギフトにもどうぞ

伝統の和菓子いせや
  • 商品案内
  • 店主ごあいさつ
  • 店舗案内
  • お客様の声
  • ご注文方法

各行事といせやのお菓子

年中行事

歳時・記念日 解説 おすすめ商品
元旦 平穏無事に感謝し、今年の平和を祈り、一年の始まりを祝います。
おせち料理、お雑煮、お年賀のお菓子をいただきます。
ひな節句 別名桃の節句、上巳の節句、雛祭りと呼ばれます。
3月3日にひな人形を飾り、桃の花や菱餅などを供えます。
お彼岸 春の彼岸(春分の日を中日とした前後七日間)と秋の彼岸(秋分の日を中日とした前後七日間)があります。 彼岸に達した先祖の霊をなぐさめ、墓参りをし、おはぎやあん餅などをお供えし先祖の霊を供養します。
お花見 日本特有の風習で、桜の木の下に宴席をもうけ、花を見て楽しみます。
晴天の日に、桜を愛でながら和菓子をお召し上がりはいかがでしょうか。
端午の節句 別名菖蒲の節句。菖蒲や蓬を軒に挿し、鎧・兜を飾り付け、鯉のぼりを出し、ちまきや柏餅をいただきます。
旧節句 旧暦の5月5日、また月遅れの節句として、各行事を行う地域もあります。
ちょうどこの時期に古代ちまきを販売致します。
土用
(夏の土用)
立秋の前18日が土用の入りになります。土用の丑の日とも呼ばれます。
鰻や土用餅をいただきます。
お中元 一年を半分に分け、正月から始まる前半に対し、盆は後半の始まりであります。正月と同じように日頃お世話になった方に贈り物をします(盆礼)。 盆は7月15日の満月の日であり、それが仏教の説く盂蘭盆会(うらぼんえ)と一致し、道教の三元思想の影響を受け、「御中元」と呼ばれるようになりました。
近代以降は常日頃お世話になった方への感謝の意を込めて贈り物をする習俗として、「お中元」の品を送ります。

(月おくれ盆・旧盆)
お迎えだんごやおはぎなどを供え、先祖の霊を供養します。 また「盆と正月」といわれるように、一年の区切りとして正月と並べて言われます。
この頃夏休みになる会社が多いため、ふるさとに帰省することが多く、また墓参りすることが一般的です。
敬老の日 お年寄りを敬愛し、長寿を祝う9月の第3月曜日の祝日です。各地域でに「敬老会」が行われます。お赤飯やお菓子を贈り、祝います。
お月見 すすきや里芋、団子をお供えし月を鑑賞する行事です。
旧暦8月15日を「十五夜」に観月し、太陰太陽暦により毎年「十五夜」の日は変わります。 この日の月はちょうど秋の中頃であることから「中秋の名月」、また里芋を供えることから「芋名月」とも呼ばれます。
茶会 御茶を楽しみ、お菓子をいただきます。

慶事

歳時・記念日 説明 おすすめ商品
内祝い お祝い事があった時に、いただいたお祝いへのお返しに内祝いとしてお赤飯などを贈ります。 元々は祝い事を品物に代えて、親しい方に贈り喜びを分かち合ってもらうものでしたが、現代ではいただいたお祝いへのお返しとして、 いただいた贈り物の半額相当の品をお返しすることが一般的です。
着帯祝い
(帯祝い)
妊娠五か月目頃に無事の出産を願い、腹帯を巻きます。いぬのお産が軽いことにあやかり、戌の日に行われます。 お祝いの意と安産を願い、妊婦の親元が帯を贈り、いただいたお祝いの返礼としてお赤飯や紅白まんじゅうを贈ります。
出産祝い 出産祝いのお返しに、また無事の出産のお知らせに紅白のお餅やお赤飯を贈ります。
父親の親元が贈ることが一般的です。贈る品にはお披露目の意味で生まれた子供の名前を書き添えます。
お宮参り 生まれて一月頃に、神社で子供の無病息災を祈願します。その際にいただいたお祝いのお返しとして紅白まんじゅう、お赤飯を贈ります。
誕生祝い 満一歳の誕生日に、一升餅を背負わせ歩かせ、お祝いします。 人の一生と餅の一升をかけ、一生食べ物に困らず、健康でいられるようにとの願いを込め、餅を背負わせます。
初節句 誕生して初めて迎える節句です。女の子は3月3日のひな節句に、男の子は5月5日の端午の節句にお祝いをします。 ひな節句には、親族や縁者からいただいたひな人形のお礼に、菱餅、ひなあられ、お菓子などをお返しとして贈ります。 端午の節句には親族や縁者から鎧、兜や鯉のぼりのお返しに柏餅やちまきを贈ります。
七五三祝い 11月15日ごろに、女の子は三歳と5歳に、男の子は5歳に神社にお参りして、成長をお祝いします。
入学祝い 内祝いとして、お赤飯や紅白まんじゅう、おしもんなどを配ります。またいただいたお祝いのお返しにも贈ります。
卒業祝い 卒業式には紅白まんじゅうが用いられます。 内祝いには、お赤飯、紅白まんじゅう、おしもんを贈ります。
就職祝い 家庭ではお赤飯をいただき、お祝いします。いただいたお祝いのお返しにもお赤飯を贈ります。
また入社式の際には、記念品や紅白まんじゅう、お赤飯を配ります。
成人祝い 1月の第2月曜日に二十歳になった青年を祝います。この日に各地域で成人式が行われ、お赤飯、紅白まんじゅうなどを配ります。 地域によっては前日の日曜日に式が行われることもあります。家庭ではお赤飯をいただきお祝いします。
結納・結婚祝い 結納は、婿、嫁両家が親族として結びつくことを祝い、婚約の証として双方が金銭や織物、酒の肴などの品物を取り交わします。 結納時の御茶菓子として千代結びや紅白まんじゅうをいただきます。
結婚式には引き出物として鯛や扇のおしもん、千代結び、お赤飯などを配ります。
上棟・新築祝い 家屋の骨組が出来ると、建前といって上棟式が行われます。「ますます繁盛」(升升半升)の意味で2升5合取の白の餅を棟に上げます。 また祝いの席でお赤飯や紅白の小餅を配ります。新築祝いにはお赤飯やおしもん、菓子折を贈ります。
快気祝い 退院した際に、お見舞いをいただいた方への快復の報告をかねたお礼をします。お赤飯や紅白まんじゅうを贈ります。
長寿の祝い
(賀の祝い)
人生の節目として、長生きをお祝いします。 お赤飯や紅白まんじゅう、おしもん、菓子折、白の餅2個、または白の餅1個、もしくは紅白の餅を内祝いとして配ります。 誕生日ごろに行うのが一般的です。
初老…40歳 還暦…60歳 古希…70歳 喜寿…77歳
傘寿…80歳 米寿…88歳 卒寿…90歳 白寿…99歳
他に百寿(100歳)、茶寿(108歳)、皇寿(111歳)なども祝います。

仏事

歳時・記念日 説明 おすすめ商品
仏事・法要 お通夜には仏前に盛り菓子や上用まんじゅうを供え、見舞われたお客様にお茶菓子として上用まんじゅうなどをお出しします。 またお参りしていただいたお客様には粗供養としてお菓子をお渡しします。
四十九日
(忌明け・満中陰)
粗供養として、新族にお菓子をお渡しします。
ページの先頭に戻る
Copyright (C) 2009 伝統の和菓子いせや All Rights Reserved. Supported by F-Factory