お月見

すすきや里芋、団子をお供えし月を鑑賞する行事です。
旧暦8月15日を「十五夜」に観月し、太陰太陽暦により毎年「十五夜」の日は変わります。
この日の月はちょうど秋の中頃であることから「中秋の名月」、また里芋を供えることから「芋名月」とも呼ばれます。
お月見

お月見におすすめのいせやのお菓子

月見だんご・芋名月

月見だんご・芋名月

お月見の季節限定のお団子です。中秋の月夜を三色で表現しました。黄色が月、白が雲、黒砂糖が大地を表します。
黒糖の風味が毎年大好評です。やわらかいうちにお召し上がり下さい。
芋名月は、伊賀米コシヒカリを炊いてつぶしたお団子をこし餡で巻きました。
商品詳細